スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱負が豊富

2014–05–06 (Tue) 07:21
BIが2014年から15年にかけてのArma3の見通しを発表しましたので、ご紹介します。

Arma 3 Roadmap 2014/15
Thursday, 01 May 2014 14:02



Earlier this year, we shared our general goals for Arma 3's post-release roadmap. In short, we set out our intention to support the game, to refine content and features, and to invest in the platform. Since then, the team has been hard at work!

Over the last few months, we've completed the singleplayer campaign and launched Zeus, our free multiplayer DLC. Besides that, we've provided a whole range of other important updates, addressing issues in the Feedback Tracker, making modest tweaks and additions to the sandbox, and offering up some significant new gameplay and refinements.

Meanwhile, we've had the chance to sketch out our medium and longer-term objectives. Now we're ready to share some selected details. Our roadmap can be divided into three parts: 'platform updates', 'downloadable content', and 'expansion plans'. For now - given that the goal of this blog is to introduce a number of new developments - we'll provide a fairly high-level overview and flag up opportunities to dig down into more detail in future!
Platform Updates

Available to everyone who owns Arma 3, platform updates are significant additions and improvements to the base game. As we announced earlier this year, a key goal is to extend Workshop support for addons. Essentially, this means handling the discovery, installation and maintenance of all kinds of mods - vehicles, mechanics, total conversions, etc. - akin to the way custom scenarios are currently accessed via Steam. In conjunction with some Make Arma Not War contest milestones, we aim to start rolling out its core functionality towards the end of May. Alongside this, we'll publish a more technical overview of the feature, too.

Closely related to this development, we've also been working on a Game Launcher. Alongside useful basic functionality - such as command-line parameters - the Game Launcher organises, maintains and loads mods. Like the Addon Workshop, our initial release is just a starting point. Given that we're designing with custom game launchers in mind (ours is a separate executable) we hope to cooperate closely with the community. In the months following its release, we aim to improve and expand upon it, targeting an ideal balance between usability and advanced functionality. Taken together, we believe that these new features will help unlock the true potential of mods to a wider audience and provide new options to pre-existing community solutions.

Another important addition will be the release of the free 'Bootcamp' update. A tutorial-oriented package wrapped around new playable content and refined sandbox mechanics, Bootcamp’s main objective is to provide newbies with a varied introduction to the game. The Arma 3 player base is still growing and, with this content, we're looking to invest in the platform for the long term. Aside from encouraging new players to learn about the game, we also hope to offer something for existing players, too. Plus, as a side benefit, it gives our teams a focal point to finalise fixes and refinements of certain vanilla features, such as planned improvements to Fatigue and Weapon Sway. We'll present the full package closer to its release.
Downloadable Content

Alongside helping to fund ongoing development, downloadable content (DLC) gives us an opportunity to strengthen our vision of Arma 3 as a game and sandbox platform. The goal of each DLC is to explore a specific topic, developing a focused set of new sandbox assets, official scenarios, and supporting features. Taken together, this work forms part of our wider post-release development plan. We've set out to provide great new gameplay opportunities in the short term, and build a consistent set of features and content with our longer term goals in mind.

Before taking a look at the specifics, it's worth noting that new engine features created to support our DLCs are not 'locked' to those products. Rather, these improvements contribute to Arma 3 as a whole; they're available automatically to everyone who owns the game. In short, features are free, content is paid, and our objective is to prevent any split in the MP player-base. Again, for the purposes of clarity and brevity, further details on our DLC strategy will be offered in the next few weeks.
Arma 3 Helicopters

Together with the addition of distinctive new transport helicopters and a selective implementation of Take On Helicopter’s RotorLib Flight Dynamics Model (FDM), the basic goal of this DLC is to add appropriate depth and breadth to helicopter gameplay. Worthwhile mentioning, too, is that it's designed to be optional, open to game and server configuration. It's also important to note that all existing 'vanilla' helos will be upgraded to the new standard; again, this is free for everyone and the TKOH flight dynamics are completely optional. Helicopters aside, though, another key objective is to offer benefits for more players than pilots alone.

To achieve this goal, we've sought to create new mechanics that enhance the combined arms experience and improve the A3 platform more broadly. Although at an early stage of development, we're looking specifically at the logistical role of helicopters on the battlefield (via Sling Loading) and thinking about gameplay for soldiers in transit (via Firing from Vehicles). Both features are engine-based and MP-compatible, with Sling Loading available to all existing and new helicopters. Furthermore, although we're focusing upon helos as a starting point, Firing from Vehicles stands to benefit other sandbox assets; any specifically configured cargo positions offer potential gameplay for units (both players and AI) in transit. Due to release in the second half of 2014, we'll present the full key features at a later date.
Arma 3 Marksmen

A focused overhaul of shooting mechanics together with new weapons, the central goal of this development is to make firing a weapon simple to do but challenging to master. Due after the Helicopters DLC, we don't want to be too specific just yet; however, to achieve our goal, a set of interrelated features are planned, which aim to further improve the authenticity of firing weapons and offer new gameplay opportunities.

In terms of content, new weapons that take most advantage of these planned features will be included; chiefly, this will involve ranged and high calibre weapons. We're selecting armaments that offer genuine diversity; not just many of the same type of weapon with minor visual differences, but a true range that offers distinctive gameplay alongside some inherent advantages/disadvantages. Again, our objective is to improve the A3 platform more broadly; new features and mechanics are designed with existing assets in mind, enhancing the sandbox as a whole.
Expansion Plan

Pencilled in for late 2015 (and with a lot of work ahead of us!) we're not quite ready to reveal too many precise details about the Arma 3 Expansion. We're at a stage of development where we want to take some risks, experiment, and innovate! With that in mind, the exact scope of our work will, for now, stay dark and will remain so until we're a bit more confident about what we can truly deliver. However, we do think it's worthwhile mentioning that work on a more significant package of new sandbox content and features is under way; clearly, this parallel development frames the rest of our plans.

So far, we've selected a new terrain that offers a distinctive feeling and gameplay. Building on our experience with Zeus, we're exploring ways to develop a more 'fully featured' 3D scenario editor. We're looking carefully at making investments in civilian life and diversity. Furthermore, unlike Arma 2: Operation Arrowhead, the expansion is not intended to be standalone. Rather, learning lessons from past experiences, the expansion is a true extension of the Arma 3 base. We want to build one big platform of content and features, simplifying development for ourselves and making life easier for our players!

However, while it's great to have one eye on the future, we'd also like to stress that our original (and ongoing) goals haven't changed. It (almost) goes without saying that our work on stability and optimisation remains central to Arma 3's longevity. Working closely with community groups to test large-scale MP performance continues, as does our cooperation with the DayZ team and their knowledge of MP optimisation techniques. That aside, our own official multiplayer servers provide a wealth of useful data, which feeds back into development.



Overall, we're excited about Arma 3's 2014/15 roadmap and the great new content, gameplay and refinements it offers. Although things can change, we've tried to reveal the parts we're most sure about and, of course, there's more in the works! Often overlapping with our own wishes and desires, we're investigating a range of features based on public feedback, which we're trying to prioritise appropriately. Alongside our goal to keep the A3 platform stable, we've got to take time and resource limitations into consideration; however, where we can implement innovative and valuable ideas, we will!

Above, we've identified several areas that we'd like to expand upon in future. Short term, that means sharing details about Steam Workshop support and our Game Launcher, introducing our strategy to keep the player-base contiguous, and presenting the key features of the free Bootcamp Update. Longer term, we'll go into more depth about the DLCs themselves and sketch out our intentions for the expansion. Until then, we'd like to thank our players for supporting Arma 3, and wish you all the best on the battlefield!

On behalf of the A3 team,

- Jay and Joris


Arma 3 2014/15ロードマップ

Thursday, 01 May 2014 14:02
arma3_logo_20140506062635734.png

2014年の早い時期に、我々はArma3のリリース後の総合的な計画を発表した。
そこでは、ゲームを下支えし、コンテンツと機能とを洗練させ、プラットフォームとしてのArma 3に投資することを我々の目的とした。それ以降チームは真摯に開発に取り組んでいる。

直近の数ヶ月のうちに、我々はシングルプレイヤーキャンペーンを仕上げ、無料のマルチプレイヤーDLCであるZeusを立ち上げた。そのほか重要な更新を分野横断的に行い、Feedback Trackerで報告された問題に取り組み、Sandbox環境への適切な追加と調整を行い、重要な新しいゲームプレイと改修を提供した。

一方で我々は中期的及び長期的な目的も設定してきた。この発表において、それらを部分的に諸君らと共有する用意がある。我々の指針は"platform update"、"downloadable content"、"expansion plans"の3つに大別される。この発表の目的は数多くの進展を披露することである。以下、我々は大局的な見通しと将来細部が公開されるであろう事項についての概要を示す。

Platform Updates

Arma 3を保有している全てのプレイヤーに適用されるPlatform Updateにより、ゲームの基盤的な要素に重要な追加と改善が施される。以前発表したように、我々の核となる目標はSteam Workshopにおけるaddonのサポートを実装することである。これによりヴィークルの追加、機能の調整、総合的な置き換えMODなど全ての分野のaddonを見つけ出し、導入し、更新することが可能になる。2014年5月時点で既に実装されている、Steamを介したカスタムシナリオの管理と同様の機能である。Make Arma Not Warコンテストの進展とも関連しながら、この機能の中心的な要素を5月末までに実装する予定である。より技術的な概要は今後公表されることとなる。

この進展にともなって、Game Launcherの開発にも取り組んでいる。このLauncherはコマンドラインパラメータなど有用かつ基礎的な機能を実装し、MODの管理と読み込みを行う。Addon Workshopと同様、Launcherの公開もプロジェクトの出発点に過ぎない。我々のLauncherは独自に動作するものの、ユーザーの手による既存のgame launcherのことを意識しながら製作を進めており、コミュニティと協力しあえることを願っている。公開後の数カ月間は、操作性と機能の先進性との間のバランス調整に焦点を当てたLauncherの改善と拡張とに充てられるだろう。これらの新機能はMODの真の可能性をより多くの聴衆へと開放し、既存のコミュニティによる手段に新たなオプションを提供することと確信している。

もう一つの重要な追加事項は、無料の'Boot Camp'である。新たなプレイ可能コンテンツと刷新されたsandbox環境の機能を包括したこの訓練志向のパッケージは、新規参入者に対する様々なゲーム内容の紹介を目的としている。Arma 3のプレイヤー数は増加の一途を辿っており、我々はこのコンテンツを通じてプラットフォームとしてのArma 3に長期的な投資をしたいと考えている。新規プレイヤーへの学習の補助以外にも、このコンテンツが既存のプレイヤーに何らかの貢献が出来ることを願っている。また副次的効果として、我々のチームはこのコンテンツの開発を通じて疲労と武器の揺れなどの本体機能の調整における妥結点を得ることになる。コンテンツの公開が近づいた際に我々はその全容を明らかにするだろう。

Downloadable Content

DLCは開発進行に資金を供給するとともに、ゲームとして、あるいはsandbox環境としてのArma 3への我々の展望を拡大することになる。それぞれのDLCの目的は特定の領域を拡張し、焦点を絞った新しいsandbox環境への資産や公式シナリオ、補助機能などを開発することである。この枠組みは我々の大局的なリリース後開発計画の一環として位置づけられる。我々は、短期的には新たなゲームプレイを提供するための作業に着手し、長期的な我々の目的に合致する一貫した機能及びコンテンツ群を作り上げる。

それぞれのDLCの紹介に移る前に強調しておきたいことは、新しいエンジンの機能はDLCのために作られるとしても、けしてその作用はDLCにのみ及ぶものではなく、Arma 3全体の改善に寄与するものであるということである。そしてその作用はArma 3を保有する全てのユーザーが享受できるものとなる。つまり、機能は無料、コンテンツは有料である。そして我々の目的はマルチプレイヤーの基盤のどのような分断をも防止することにある。本発表を明瞭かつ簡潔なものとするために、我々のDLC戦略の詳細は数週間後に発表されることになる。

Arma 3 Helicopters

このDLCでは、全く新しい輸送ヘリコプターが追加され、Take On HelicoptersのRotorLib Flight Dynamics Model(FDM)が選択的に実装される。DLCの基礎的な目的は適切な規模と深さをもったヘリコプターのゲームプレイを追加することにある。また、この機能は導入の可否をオプションとしてゲームやサーバー側で調整することができる。さらに特筆すべきは、既存の全ての'vanilla'(訳註:ユーザー製ではなく、ゲームに収録されている)ヘリコプターに適用される。繰り返しになるが、この機能拡張は無料であり、TKOHのFlight Dynamicsは選択可能なオプションである。ヘリコプターは別として、他の重要な目的はパイロットのみならず多くのプレイヤーに価値を提供することにある。

この目的を達成するため、我々は複合的な兵器の体験を強化し、A3プラットフォームに広がりを持たせるような機能を創造しようと試みている。現在は開発の初期段階であるものの、吊下げ輸送によるヘリの前線での補給能力強化や、乗車中の発砲を可能にすることによる兵士へのゲームプレイ拡張について検討している。両方の機能は(訳註:スクリプトではなく)エンジンの改良によってもたらされ、マルチプレイヤーにも対応する。そして吊下げ輸送は既存及び追加される全てのヘリコプターに適用される。さらに、我々はヘリに焦点を合わせながら開発を始めるものの、乗車中の発砲は他のsandbox環境の資産にも機能する。どのようなヴィークルでも客席に特別な設定を行えば、AIとプレイヤーの双方が移動中に発砲可能となる。このDLCのリリースは2014年の後半に予定されており、重要な機能の全容は後日公開される。

Arma 3 Marksmen

新しい武器の追加とともに射撃メカニズムの総合的な再検証が予定されている。この開発の中心的な目的は、射撃をシンプルでありながら習熟しがいのあるものへと作り変えることにある。これのリリースはヘリコプターDLCの後に位置づけられているため、現段階で全容を特定するべきではない。しかしながら、我々の目標を達成するための相互に関連した機能が予定されている。これらの機能は射撃の本質を捉え、新しいゲームプレイの機会を提供する。

コンテンツの側面については、新たに提供される武器は計画中の機能による長所を備えたものとなる。主に長射程で大口径の武器が用意されるだろう。我々は、同じような種類でありながら細部を変更しただけの雑多な武器などではなく、長所と短所のそれぞれによって特徴付けられ、ゲームプレイに明らかな違いをもたらす、真の多様性を提供できる火器を選択している。繰り返しになるが、我々の目的はA3 プラットフォームをより幅広いものへと改善することにある。新しい機能と機構とは現実のものを意識して作られ、sandbox環境全体を強化するものとなる。

Expansion Plan

Arma 3の拡張パックは暫定的に2015年頃の発売が予定されており、開発チームには多くの作業が課せられている。我々はまだ拡張パックについて多くを語る用意ができていない。今はリスクを負いながらも創造的な試験を行っている段階である。我々が実際に提供しうる内容についての確信が持てるまでの間、プロジェクトの正確な目標はまだ不確定である。しかしながら、sandbox環境へより重要なコンテンツと機能のパッケージを提供するための開発を行っていることは言及に値する。この並行して行われる開発も我々の他の計画を規定している。

現在、我々は特徴的な雰囲気とゲームプレイを提供できる新たな地形を選定し終えた。Zeusでの経験に基づいて、我々はより完全な機能を有する3Dシナリオエディタの開発を模索している。また、注意深く市民生活と多様性についての投資を行っている。さらに、Arma 2: Operation Arrowheadとは異なり、この拡張パックはそれ独自では動作しない。これは過去の経験に基づく決定であり、コンテンツと機能とを一つの大きなプラットフォームに集約させることで、我々自身の開発を助け、我々のプレイヤーの人生を楽にさせるためである。

将来のことを片方の目で見据えるのも重要だが、本来の、そして現在進行中の目的は変わることがない。殆ど言及されてこなかったが、それは安定化と最適化のための作業がArma 3の寿命を決める中心的な要素である、ということだ。コミュニティの人々と緊密に連携しながらの大規模なマルチプレイヤー環境下でのテストを継続し、マルチプレイヤーの知識と適化についての技能を有するDayZの開発チームと協力しながら開発にあたっている。そのほか、我々自身の公式マルチプレイヤーサーバも有用なデータを提供しており、開発に反映されている。

roadmap_2015_thumb.jpg



何よりも、我々はArma 3の2014/15ロードマップとそこに記された素晴らしい新コンテンツ、ゲームプレイ、既存のゲームの刷新に興奮している。予定の変更は有りうるものの、我々が確信を持ち、充分な労力をつぎ込んだ後に詳細を明らかにできるよう努力している。自身の希望や欲望も頻繁に織り込みながら、我々は広大な範囲の機能に投資している。それらはコミュニティのフィードバックに基づき、我々は適切な優先順位を定めようと試みている。プラットフォームとしてのA3を安定したものとすることも求められており、我々の時間と資源との限界は考慮されねばならない。しかし、我々手によって価値あるものが創造できるとすれば、それを実行しないわけにはいかない!

ここまで、将来我々が拡張するであろう分野を特定してきた。短期的にはSteam WorkshopとGame Launcherを実装し、プレイヤーの基盤の連続性を保つという我々の戦略の詳細を発表する。また、Bootcampの核心となる機能を公開する。長期的には、DLCについてのより深く掘り下げた発表を行い、拡張パックについての我々の方針を描き出す。その時まで、Arma 3を支えてくれた我々のプレイヤーに感謝し、諸君が戦場で最善を尽くすことを期待している。

A3チームを代表して。

- Jay and Joris


●まとめ、感想
・ユーザー製のPlay with Sixが十分な機能を提供して現状で、Steam Workshopでのaddon管理を行う目的は何でしょう。
ユーザーの事情による予測しがたいプロジェクト中止を危惧しているからでしょうか、Steamへの依存を深めさせたいValve側の意向でしょうか。いずれにせよ、知的所有権の帰属について明らかにしない限り、安心できないaddon製作者は多いと思います。
ACEの製作者の1人であるXenoがこの問題のためにA3でのaddon開発を終了したことはBIも認識しているでしょう。

・A3 Heliの吊下げと乗車中の射撃は非常に魅力的です。
吊下げはTKOHでも実装されていましたし、そう難しくないはずです。一方、乗車中の射撃は実装されるとしても、客室の中を自由に歩兵が歩き回れるようになるかは不透明です。本文中の"any specifically configured cargo positions"という部分を読む限り、特定の位置と視界に歩兵ユニットを固定することになるかもしれません。
ただ、addonで実証されているように、完全なunit on unitも不可能ではないはずです。
期待してみるのも悪くないかもしれませんね。


・A3 Marksmanについては多くが語られませんでしたが、風向きによる射撃補正や依託射撃、Mil単位でのゼロイン補正などが考えられましょうか。動作不良と強制排莢もあるかもしれません。Issue Trackerの投票欄で要望の多い、スコープによる視野の部分的ズームもあるかもしれません。

・市民生活の再現が拡張パックの項で語られていることから、次のMAPは都市部になるかもしれません。
また、3Dエディタも拡張パックの発売まで待たねばらない可能性があります。

・全般的に、Issue Trackerで要望の多かった項目に対応する方針が見て取れます。
ハードウェアやエンジンのコア部分(メモリ・マルチスレッド管理)などに言及がなかったのは、この記事が幅広いユーザー向けのコミットメントであることが原因だと思われますが、筆者の所掌外だからかも知れません。
また、Real Virtuality Engineの高機能・複雑化は必然的にaddon製作者の負担を増大させることになりますが、この点への配慮が言及されなかったことも心配ではあります。

« みーまいん | HOME |  可能性は無限大 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://monopod.blog38.fc2.com/tb.php/207-b3408a65

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

Monotone

Author:Monotone
わーいぐだぐだランドでーっす

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。